フリヒリアナでランチ/バリを想う

先週末はマカレナが遊びに来ることになっていたので彼女の大好きなフムスを大量に作る。特別な料理のトレーニングを受けていない私のような普通の人が料理する場合、素材(とセンス)が要だとつくづく思う。

新鮮な無農薬の野菜は塩とスパイス、レモンやハーブでシンプルに調理するだけで本当に美味しい。マカレナとフリヒリアナに出来た新しいオーガニックレストランLa Huertaでサラダランチをして自然農の葉野菜のおいしさに感動する。

我が家のキッチンには市販の調味料はほとんどなく大抵の料理は塩とオリーブオイル、オーガニックの醤油や自家製味噌、タヒニなどで成り立っている。塩はヒマラヤンソルトなどの岩塩よりも海塩が断然好みで、ずいぶん前にバリのYちゃんに頂いたクサンバの塩がとにかく美味しくて、バリに行く度スーツケースに何㌔も詰めてスペインに持ち帰っていた。

昔から出来たて熱々よりも、常温かすこし冷めた料理が味がよく染みて美味しく感じる。バリのワルンでよくあるナシチャンプルー(大皿にならんだ色々な種類のおかずを選んでご飯に添えてもらうスタイル)が大好きで、料理を食べる為だけにバリに行きたいくらい。

FLOWARTS YogaのTTCの1期生でバリに嫁いだ大好きなYちゃん、10年前に中目黒で出会った頃はまだとても若く、いつも目をきらきらさせてヨガを勉強していたことを今も懐かしく思い出す。

結婚、出産をしバリに移住し2人の可愛い子供を育て自立した素敵な女性に成長していて本当に誇らしく思う。ここ数年は以前程交流はないけれどいつも大切な存在に変わりない。私やなっちゃんやルイス、FLOWARTS Yogaの沢山の生徒さんがお世話になった彼女のご主人が急逝したという訃報が入り本当に残念に思う。いつも笑顔だった彼の魂が安らかでありますように。そしてYちゃんと子供達が幸せでありますように。

生きていると感情を激しく乱されるような様々なことが起きるし、幸せなときも悲しみに沈みそうになるときも私達は生きてかなければならない。肉体を持って生きている限りどんなときも人生は続いていくのだなぁ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

You may also like