日曜日はマラガ(セントロ)へ

先週末はルイスはエンリケさんと一緒に開催しているTTCの為、1泊でコルドバに出張していたので土曜日は1人でお店を開ける。ネルハは翌週の月曜がRomeriá de San Isidroというフェスティバルで祝日なので、その代わりに日曜日も午前中だけお店を開けたのだけれど、人通りはあるもののお客さんは少なかった。

そのフェスティバルはネルハの一番大きな国道を花で飾り付けた山車と民族衣装を身につけた人達が練り歩くパレードがあり、普段は静かな私達の自宅周辺もなかなかの人出があり、山車が通る通りにあるバーはもちろん縁道やロータリーの芝生の上に自由にレジャーシートを敷いてビールを飲んでいる見物客で大いに賑わっていた。民族衣装であるところのVestido Flamenco(一般的にイメージするフラメンコの衣装)もコルドバのそれとはまた少し違い地域によって少しずつ異なるようだ。コルドバと大きく違うのはフラメンコの衣装を着た外国人の多さ。コルドバはVestido Flamencoを着慣れたセニョーラ達ばかりなのでなんとなくもっと迫力がある。

私もルイスさんもお祭りごとや人の多いところ(そういう場所は大抵酔っぱらって大声で騒ぐ人がが多い)が全く好きではないので、午前中に2時間程練習をした後、出かける準備をしネルハのお祭りとは関係のないマラガセントロへ。

ネルハの好きなところ。ネルハ自体はマラガ県の小さい村だけれど、美しい山間の村フリヒリアナ、カンタリハンやマロなどの美しいビーチがすぐそばにあるので週末に気分転換をしに出かけやすい。

マラガセントロまでは車で40分程の距離。マラガはアンダルシア州第二の都市で、大きいデパートや洗練されたヴィーガンカフェなど暮らしてる村には無いものが沢山あるのでたまに出かけると刺激になっていい。

行ってみたかったRaw&Veganのカフェでランチをする。ルイスさんはヴェジバーガー、私は回復食最終日だったので本当は家でお粥を食べるべきなのだけれど、せっかくなので味噌入りのフムスを注文し少しつまむ程度にしておいた。

カテドラル(大聖堂)周辺を散歩し、歩き疲れたらTéteria(アラブ系のティーサロン)で休憩して犬達にも水をやる。数時間ほど都会の空気を満喫し再び車で村へと戻る。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

You may also like