断食終了とデリーでのプラン

先週末から始まったネルハのフェリア。コルドバではフェリアと言えば5月だったので10月にフェリアというのがまだピンとこないけれど、それぞれの地域のベストシーズンに行われるのだろう。

絶賛フェリア中の今週は火曜日が地域の祝日、木曜日は国の祝日(国民の日)で多くの学校や多くのお店もお休みになり全体的に祝日モード。私達のスタジオとお店も午後はお休みにした。ほとんどの人はフェリアに出かけているので通りは閑散としている。フェリア会場には酔っ払いや砂糖菓子で超ハイになった子供達が多く、騒がしいところに行く気分ではない私達は犬達と近所を散歩したりビーチに行って過ごした。

なにしろ断食中なので大人しくしているに限る。今回の断食は6日目で満了。飛行機に乗ったりインドの食生活に入る前に回復食を終わらせたかったので後1日続けようと思っていたけれど今日で終了にする。


写真は今日の散歩コース

スペインで暮らしだしてからは、9月から3ヶ月程インドに滞在していて毎年ディワリの時期が来るとリシケシは朝晩が寒くなり始め”もうすぐ帰国だなぁ”とルイスと手分けをしてスペインに持ち帰るスパイスやアーユルヴェーダの歯磨き粉などの日用品を買い集める。今年は久しぶりに1人で滞在も短いので早めに行動しよう、そう思う。考えると2009年から去年までディワリは毎年リシケシで過ごしていた。

毎年スペインを出発する時期はまだとても暑く、帰国する11月半ばはすっかり寒くなっていたので、この7年間1度も「夏から徐々に涼しくなって秋になる」体験をスペインでしたことがなかった。

なにしろ10月にスペインに居ることが初めてで、絶賛「なにを着ていいか解らないシンドローム」中。というのは1日の気温の差が11度くらいあって、朝と夕方何を着ればいいのかよく分からない。真昼は未だにビキニで普通の道を歩いている人がいて(スペイン人、イタリア人、フランス人などラテン系はそんなことしませんが、北欧やドイツ、オランダ風の人たちは本当に普通に道路をビキニのまま歩いている)、夜は薄いダウンジャケットを着ている人が(さすがに早いと思うけど)いたりして難しい。私は秋服のほとんどをインドで買っていて巻物だけはやたらある為、今々薄いカシミアやコットンのショールを巻いて凌いでいる。

今年も例年通りインド到着後は、デリーに1泊だけしてリシケシに向かうことにして宿とタクシーを手配する。お昼過ぎの到着なので今回デリーで過ごせるのは半日だけ。行きたいエリアや買い物のリストを頭の中で考えながらコースを組む。スペインでの買い物は主にマハリシ農園でオーガニックの野菜や調味料を買うくらいなので、なんとなくデリーに行く前はワクワクする。

カーンマーケットではAnokhiで何枚か新しくクルタを買い足しKAMA ayurvedaでクムクマディ(サフラン)のフェイススクラブとヘアオイルを買い、しばらく食べられなくなる葉野菜のサラダを遅めのランチで食べたい。

メハルチャンドマーケットのthe shopにも時間があれば行ってみたい。クルタはアノーキの方が好みだけど白いパジャマや、コットンのキモノガウンを試着してみたい。

こんな場所で突然「あれが買いたい」「これが食べたい」と願望を羅列していてとっても不思議だけどそれだけワクワクしているのだろう・・

全ての買い物が済んだらコンノートプレイスのスターバックスでお茶をしながら本を読んだり、最先端のお洒落デリーっ子達を観察しよう。このAブロックのスターバックスにいる何人かのインド人は本当にお洒落で洗練されていて座って眺めているだけで楽しい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

You may also like