日本滞在日誌 ②

寒かった日本から自分の暮らしている街に戻ると、夏服を着てビーチサンダルを履いたスカンジナビアン達が通りを闊歩していてあまりの気温の違いにたじろぐ。

夜は少し肌寒いけれど日中はもうすっかり暖かいので私も北欧の人たちを見習って、ブーツを仕舞いコンバースとビーチサンダルを玄関に出した。朝の犬散歩もダウンではなくフリースジャケットで十分で大変過ごしやすい。

最近知った暖炉の正しい使い方。暖炉にもいろんなタイプがあるようだけれどうちのは「薪にしっかり火が点いて炭のようになったら扉を閉めて、扉下部にあるスイッチを入れるとモーターが作動する」と家主のマルコスさんに教えてもらい、その通りにすると温風が部屋中に流れ出して小さく感動した。「暖炉は雰囲気もの」と思っていたけど大間違いだったことに冬の終わりにようやく気がつく。

一方極寒だった日本ツアー(?)は、奈良に移動。駅まで迎えに来てくれたステラとひろみちゃん。3人でステラが作ってくれた美味しい夕食をいただき、ステラちゃんおすすめの「すごくいいシャンプー」を使い「すごくいいドライヤー」で髪を乾かし、「すごくいいお水」でスキンケアをしたあと、ステラの極上頭皮&フェイシャルマッサージと極上肩マッサージを受けて20歳くらい若返った。実はなんでもできる超器用なステラ。ひろみちゃんと一緒に大感動する。

奈良でのクラスには去年参加してくださった方が今年も笑顔で参加してくれていて全体的にとてもリラックスした雰囲気の中、たっぷりと2時間身体を使ってもらい、ランチの後の座学ではサットサンガの時間もとれた。終了後は皆さん顔色が良くなり透明感が増していて、良い時間を参加してくださった全員で作れたことに感謝する。ワークショップの後ステラ、ひろみちゃんと三輪明神 大神神社に参拝する。霧雨のような雨の夕方で神社全体が神秘的で美しかった。

奈良まで迎えに来てくれたじゅんちゃんとサトシくんと合流しステラが予約してくれていた美味しいお蕎麦やさんに。料理上手の関西人であるところのステラが「ここは美味しいです」と勧めるだけあって相当に美味しいお蕎麦だった。蕎麦好きなのではりきって大盛りを頼んだら翌日のお昼くらいまで満腹だった。数年前に信州で食べた「十割胡桃せいろ」を夢にまでみていたけれど、ここで十分に蕎麦欲が満たされた。

今回のワークショップツアー(?)の最終日は今年も大阪。じゅんちゃん夫婦の素晴らしいオーガナイズと、参加してくださった皆さんの集中力に感動する。大阪での開催も5年目になり毎年参加してくださる方もいて、本当に有難いことだと感謝の気持ちでいっぱいになる。

各地でクラスに参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。毎年来てくださる方、今回初めてクラスを受けてくださった方、皆様から沢山のエネルギー、自分の練習と学びへのモチベーションをいただきました。かけがえのない素晴らしい出会いと時間に心から感謝しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

You may also like