40代のシンプルセルフケア ヘアケア編 

再び天気が崩れ雨が降ったり止んだりの週末。暖かくなりしっかりと雨が降ったことでそこらじゅうにあるミモザや野草が咲き始め街中が美しく華やかになり散歩がとても楽しい。

月曜日はからっと晴れ、風も気持ちよく吹いていて洗濯日和。ようやくベッドシーツやリビングのラグなどをばりばり洗えて心の底からすっきりした。シーツは3日に1度は洗いたいので、前にも書いたように乾燥機が必要かもと思ってしまうけれどこの時期が過ぎたら半年以上雨が降らないのでなんとなく買いそびれている。

セルフケアについて。40代からスキンケア、ヘアケアはますますシンプルになり余計なことをしなくなった。ヨーロッパにいるときは髪は週に1度洗う程度だけれど頭皮がベタついたり匂ったりすることはない(特にヘナをするようになってからは)。ヘナを始めて色々調べるうち髪を洗いすぎることによって頭皮は常に乾燥状態になりそれを補う為に頭皮は過剰に皮脂を分泌する、そして洗わないとベタつくので毎日洗う、という悪循環になることを知った(毎日洗ったりしたことはないけれど)。髪を洗う日は大抵ヘナをして髪と頭皮を洗浄+トリートメントする。

洗髪(とヘナ)の前の夜はアーユルヴェーダのヘアオイルで頭皮をマッサージしオイルを吸収させておく。ヘナの放置時間について色々調べると3時間以内の放置は髪や頭皮の油分をヘナが吸収してしまうので、髪の状態によって(カラーリングをしていたり傷んでいる場合)きしみやごわつきを感じたりするらしい。ところがヘナを3時間以上放置すると、今度は逆に自分自身の髪の油分が循環しまた髪の毛に浸透して乾燥どころかしっとりと仕上がるそう。それを聞いてからはなるべく3時間以上置いているのだけれど確実にしっとりとまとまる。

ヘナを流す際本当はシャンプーは使わない方が良いらしいけれど、インドでまとめ買いしているオーロヴィルのハーバルシャンプーとヘナの組み合わせが今の私の髪にはベストでこれまでの人生で一番調子が良い。まとめ買いといっても週に1度しか使わないし少量でしっかり洗えるので全然減らなくて2本買えば次のインドまでもたせられる。コンディショナーやトリートメントは使わず髪を乾かした後、少量のアルガンオイルを頭皮と髪になじませる。

この半年程いろんなヘナを試したけれど、日本で買えるヘナではダントツでマハラニヘナの石臼挽きがおすすめ。混ぜ物やケミカルなものは一切入っていない100%ヘナで、仕上がりが抜群。塗布して放置している間も気持ちがよく瞑想中のようにリラックスできる。私は白髪染めとトリートメント目的で週に1度か2週に1度のペースでヘナをするのだけれど繰り返していくうちに髪の色味はどんどん深く濃くなるので、極端な赤やオレンジになることを心配している人にもおすすめ。日本でまとめ買いしたマハラニヘナがなくなると、うちのお店でも販売しているスペインブランドのRadhe Shyamのヘナを使っていて、ここのヘナも値段の割にしっかり髪がまとまり艶がでる(4,40€)。

髪は人の印象を大きく左右する。ノーメイクでビーチサンダルを履いていても髪がちゃんとしていれば割とどこへでも行ける。一方フルメイクをしてちゃんとした服(?)を着ていても、髪が濡れ髪だったり寝癖のままだったり、激しく変なカットだとなんだかちぐはぐになる気がする。大人になればなるほど骨格やパーソナリティに合うカットと髪の艶は影響力を持つ、そう思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

You may also like