聖地リシケシと私 〜後編〜

2009年から数年に渡り、プライベートプージャをしてもらったことがきっかけで知り合ったラクシュマンジュラのサッチャダムアシュラム(プレムババで有名な)のスワミジに頻繁に会いに行き、ヨガについて学んだ。

私は当時日本に暮らし、一般的な価値観を持ち仕事を一生懸命頑張ることや、常に前向きに前進していくことが大切だと思っていた。自分を高めるために頑張ることは別に悪いことではもちろんないけれど、スワミジがヨガスートラの「心の動きを死滅(コントロールする)させることがヨガである」というとても大切な一節について話してくれた際、宇宙の真理として物事には全てポジティヴな側面とネガティヴな側面があることをわかりやすく説明してくれたのを覚えている。

つまり陰と陽の話だけれど、常にポジティヴでいようとすることは一見良いことのように思えるかもしれないが、それは自然界に反していて、宇宙、そして私たちが生きているこの物質世界は陰と陽の両方があって成り立っている。肉体を持つ私達には生(陽)と死(陰)からは切り離せないし、世界は昼(陽)と夜(陰)があることで全てのバランスが取られている。物事のポジティヴな部分だけを見てネガティヴな面を否定すると結果的に苦しみを産むという話だった。

晴れの日(陽)が続くことは良いことのように思えがちだけれど、雨の日(陰)がなければ私達人間も含め全ての命は立ち行かなくなってしまう。私達の日常に起きる全ての物事、私達を取り巻く宇宙には必ずポジティヴな側面とネガティヴな側面が内在していて、どちらかだけということはありえない。

心の動き、つまり感情の乱れや振り幅をコントロールする、あるいは最小にすることで中庸(ニュートラル)の状態にいることができる。そして私達はヨガの練習を通してそのことを学び、自分の核となる深いところへ理解を落とし込んでいく。
ダライ・ラマ先生も「嬉しいことがあっても喜びすぎないように。悲しいことがあっても悲しみに沈まない様に。全ては移り変わっていくものだから」
とおっしゃっている、嬉しいことがあってとても喜んで大騒ぎしているときも、なにか大変な状況になって落ち込んだり悲しむ時も(それも陰と陽)、感情のぶれという意味では同じことで、そこには良いも悪いもなくただぶれた状態があるということ。ヨガの練習を通して私達は感情の振り幅を小さくするこというとても重要なことを学んでいく。

自分に起きる良いことにも悪いことにも反応しすぎていると、とにかく感情的になるし、マインドは常に忙しい状態になる。そういったマインド(Mukesh先生は”モンキーマインド”とおっしゃっていましたね)でいる時には人生の重要なインスピレーション(宇宙が送ってくれるメッセージ)に気づくのは難しい。私達の肉体と意識は本当は素晴らしくて、しっかりトレーニングすること、練習を続けることでどんどん精度が高まっていく。それはつまり「魂を高める」ことだ。ヨーガアシュラムのスワミジや聖者は、人生をヨガの学び(宇宙真理)に捧げていて、そんな奇跡のような人たちがリシケシの街を普通に歩いていたり、ガンガーにお祈りをしている姿を見ることができる。

ヨガを練習して数年経った頃にインドに滞在する様になり、練習がどんどん本質的なものに変化し、日常生活で湧いてくる欲求も少しずつだけれど確実に純粋なものになっていった。「自分がこうしたい」「人からこう見られたい、思われたい」といったエゴや他者の評価ありきの自己承認というものが、ヨガサダナを通じてマインドを浄化し自己と繋がっていくことで信じられないほどすこんとなくなっていく。すると世界はそれまでよりずっと生きやすい場所になり人生が輝いて見えるようになる。結局ポジティヴであろうとネガティヴであろうと自分自身を認めていかないといつまでも誰かに自分の評価や価値を決めてもらうことになる。自分の人生を生き始めると不思議なことに仲間が現れ自然と良い方向へと流れていくものだ。

Padmini先生とインドでTTCをすることになったのは、リシケシは紛れもなく私達の人生を良い方向へと導いてくれた特別な土地であること、そして魂レベルの高い2人の先生との出会いがあったからだ。東京のFLOWARTS YogaのMukesh・T先生とローマ在住のMukesh・D先生との出会いは運命としかいいようのないタイミングと人との繋がりから実現し、彼らはとても自然にそして瞬く間にFLOWARTS Yogaのコミュニティに欠かすことのできない指導者となった。タイプの違う2人のMukesh先生の共通点は教養と愛情の深さと純粋な魂(あと名前)。このコースを続けているおかげで年に1度先生達に会い、普段の生活の中で湧いた疑問を解決できること、新しい経験と気づきをシェアできることの幸せに感謝せずにはいられない。

私達は日本で仕事や自己実現のために頑張っている人、忙しくしている人にぜひインドで学ぶ時間を作り聖地のエネルギーを感じてもらいたいと思っている。私のリシケシでの個人的な経験と、毎年参加してくださった生徒さんがたった8日間の間にどんどん変化していくのを見ていることで、リシケシに来ることは、ヨガを生活に取り入れている人にとって素晴らしい経験と生きることへのヒントになることを確信しています。

今年のINDIA TTCは10/21~10/29に開催です
お申し込み、お問い合わせはこちらからお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

You may also like