インドからスペインへ

インドから帰国しています。

今年インドコースに参加してくださった皆さんはインドで初めてお会いする方ばかりでしたが、海外経験があったり旅慣れた人が多かったせいか色々なことがスムーズに進んだのがとても印象的だった。リシケシの街も道路が大幅に整備され、都会からやってくるインド人観光客がうんと増えていたり、見慣れていた小さい商店やゲストハウスなどが改装や拡大工事をしていてインドの景気の良さを感じた。

今年は私にとっても初めてのハイバンクエリアの滞在。スイスコテージのあたりには何度かご飯を食べに来たことがあるだけで、いまいち親しみを感じなかったけれど、コースを開催し1週間みっちり滞在し同じレストランに毎日なっちゃんやステラちゃんと通ったことですっかり馴染みの場所になった。

今年もムケーシュ・ダブラル先生の講義となっちゃんの通訳が素晴らしく、ヨガの学びに欠かすことのできない大切なテーマを、毎年違った角度から掘り下げて学べることをなんて有り難いのだろうと改めて思った。ムケーシュ・タピリャル先生とムケーシュ・ダブラル先生が普段の生活や経験からヨガの知識を常にアップデートしていること、その知識を惜しみなく与えてくれることに深く感動し、先生方やなっちゃん、生徒さん達に出会えたこと、彼らが私の人生に存在してくれるひとつひとつの奇跡に感謝しています。

今年はインドコースが終わる週末に引越しがあったので、参加してくれた皆さんが帰国した翌日の午前中にリシケシを出て、ネットで予約したデリーのホテルに泊まり早朝の便でスペインに戻る。予約したパハルガンジのホテルは表面的には綺麗に見えるけど湿気が多く、よく見るとシーツやバスルームが薄汚れている「パハルガンジあるある」的なホテルで、昔の私だったら全然大丈夫なレベルだと思うけれど私も歳をとったのか「こういうホテルに泊まりながらの長旅はもう本当にしたくない(できない)なぁ・・」と実感した。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

You may also like