久しぶりの犬バカ日誌

今週からぐっと気温が下がり突然冬っぽくなり、暖炉と湯たんぽが欠かせません。さて今日は犬達(猫達)のこと。

フリヒリアナの山の家は引越し前に思っていたほど寒くはなく、ネルハの街とさほど変わらない気温。日中は景色が見たいのと採光のために南と東に向いた玄関ドア(なぜか2つある)を開け放しているので

風のある日は少し寒いけれど、午前中は犬達の散歩や練習、掃除、庭仕事があるので忙しくてあまり寒さは感じない。

山に来てから朝のトイレは、門を開けて森でさっと済ましてもらっているので朝の散歩はゆっくりと8:30くらいから出かける。街に暮らしている頃は7:30には散歩から戻っていたけれど山には街灯などないので真っ暗で歩けない。

毎朝、門を開けて坂道を少し下るとご近所さんの犬達が2匹待ち構えている。このお家には4匹の犬がいて、最初は私たちが通ると激しく吠えていた。この家の子達は交代で(?)放し飼いにされているようで、そのうちの2匹(たまに3匹)が私たちの散歩に一緒に付いてくるようになった。

いつもフリーの黒くてボンちゃんより少し大きめの男の子と、コーギーを雑種にした感じの中型のミックスの女の子。黒い子はクロちゃん、女の子はマギー(勝手にそう呼んでるだけで本名は知りません)。この子達はその日の気分で最後まで一緒に散歩したり途中で引き返したりして自由な感じ。クロちゃんはちょっと警戒しながらも最近触らせてくれるようになり、マギーは会った瞬間から「触って〜撫でて〜」とすぐにお腹を見せていた。雑草などが毛についたままであまり手入れもされておらず愛情に飢えている感じで、他所の子だけれどお腹を撫でたり毛玉を取ったりしています。

散歩先はその日の気分で決めるけれど、メインは山の奥の方の高台に登り、遠くに見えるネルハの街や海を眺めながら休憩して帰ってくるコースで散歩時間は1時間ほど。山もいいけれど週に一度は車に乗ってモルチェの広い広いビーチに犬達を放す。クマピーはビーチを駆け回るのが大好きで、ビーチに出かけた日は幸せそうにしている。

先日、ディヴィッドのお友達のモルドくんが犬を連れて遊びに来た。その日用事で出かけていた私は帰宅して門を開けると、ボンちゃんとクマピーに続いてもう1匹玄関から飛び出して来たので「犬が増えてる!あなた誰?」みたいな。モルドくんの犬、ルナちゃん(♀)は優しい静かな子で、彼女を気に入ったボンちゃんはしつこくして嫌われていた・・。ルナちゃんがいる間サブジは高い狭いところに隠れて出てこなかったし、ゲンゲンはルナちゃんが近くに来ると、背中をラクダのコブみたいにまん丸にし毛を逆立てフーッ!とか言っていた。

クマピーとボンちゃんと猫達はもうすっかり家族になりいつもくっついて寝ていたり、クマピーは元々猫っぽい性格で気が合うのかよく一緒に遊んでいる。多分クマピーはボンちゃんが一緒に遊んでくれないので遊び相手が出来て嬉しいのだと思う。午前中、庭仕事をしているとボンちゃんは私の近くで寝そべり、クマピーと猫達は追いかけっこをしている。なのでクマピーに懐いている猫達は、眠くなるとクマピーの近くに行き一緒に寝ている。クマピーも猫達がくるとちょっと場所を空けてあげたりしていてすっかりお姉さん(お母さん?)。カワイッシモ!!

ボンちゃんは午後はよく2Fの寝室にある自分のベッドか日が当たって気持ちが良い人間ベッドに寝ていてあまり姿を見ない。たまに様子を見にいくとゲンゲンかサブちゃんが一緒に寝ていて可笑しい。ボンちゃんは猫達が近くにくると嫌がりつつも「仕方ないなぁ」という感じ。多分くっついていると温かいからだと思う。

猫達は日に日に成長していて、もう「子猫」という感じではなく中猫。もう少し小さい頃は私が寝る時間になると横で団子のように重なって一緒に寝ていたけれど、最近は遅くまで階下のソファで寝ていて深夜3:00くらいになるとプルゥゥゥゥゥゥゥゥと喉を鳴らしながらベッドに入ってくる。猫と犬がたっぷり(?)入っているのでベッドはとても温かい。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

4匹も連れていて傍目には完全に「犬おばさん」

写真右手がフリヒリアナ、左側にネルハ(見えないけど)

かわいいクマピー

ボンちゃんもかわいいよ
たまにはビーチにも

You may also like