園芸店と日曜フリーマーケット

12月だというのに地中海沿いで温暖なネルハ、フリヒリアナの気温は20度を超える日が続いていて来週がクリスマスだなんて信じられない。

庭の手入れは引き続き草むしりばかりでとても地味なのだけど、ガーデニングのほとんどの作業は雑草抜き(草むしり)とターシャさんも言っておられていたし、これはもう永遠に続く作業なのでしょう。なんとなく目立つ雑草がとりあえずひと段落したのでディヴィッドとTorroxにある大きな園芸店へ

ものすごく広い敷地は大まかに屋内用、屋外用に分けられそれぞれに植木や観葉植物やお花の苗がみっちりと展示されていた。我が家の庭はそれなりに広く、初心者の私はどこから手をつければいいのかあまり解っていないのだけれど、まずはハーブを植える場所、花を植える場所を大まかに決め、数種類のハーブの苗、屋外用の植木の苗を巨大なカートに入れ、お店の人に相談して園芸用の土と腐葉土を70L×4袋、50L×2袋、そして人生で初めてシャベル(?)やらクワなどを購入した。

ハーブや野草の小ぶりで地味な花が好きなので、まずはジャスミン(ホワイトプリンセス種)とラベンダー、タイムの苗を買った。私が住んでいる山の周辺は散歩をしていると野生のゼラニウムやローズマリーやラベンダー(デンタータ種)がばんばん自生しているので、いつか上級ガーデナーになったら挿し木で増やしたりしてみたい。

日曜日の朝、山を降りてすぐのあたりで開かれているフリーマーケットへ。この日曜マーケットは有名で毎週かなりのお客さんで賑わっている。目的はプロパンガスのボンベ。スペインには都市ガスが通っておらず、お風呂やキッチンでガスを使う家庭はガソリンスタンドなどでこのボンベを登録購入し、切れたらガソリンスタンドで新しいものに交換する。とても面倒だけれど私は「火」で料理がしたいのでガスボンベは必須(ちなみにお風呂は電気でお湯を沸かしています)。使用中のガスボンベ以外にスペアがひとつ必要(あったんですが、元夫の所有のものだったので返却しました)。正式に登録購入するとなんだかんだで40€ほどかかるのだけれど、イギリス人の知り合いに「日曜のフリマなら10€で買えるよ」と教えてもらったので早速買ってきた。

今年の冬は新しい衣料品を買わない、と決めていたけれどフリマで温かそうなウールのロングカーディガンが3€で売られていて、「新しい」訳ではないよねと自分に言い訳して購入。その代わり古くなったグレーのニットセーターを古着回収ボックスに入れたので結果的に衣類は増えていません。新しい洋服を買いたくて我慢している訳では決してなくて、内側から満たされていると衣料品に限らずあれが欲しいこれが欲しいみたいなマインドには一切ならない。歳を取ったというのももちろんあるけれど「あれも足りない、これも買わないと!」と物質的なものに幸せを求めていた20代の自分に「あと十数年もするとあなたは山に住んで500円くらいの古着を着て庭仕事をし犬猫達に囲まれて地味だけど幸せに暮らすんですよ」と、教えてあげたい。発狂するだろうな・・ジャン・コロナのジャケットにマルニのスカートとプラダのヒールを履いた若いエマピー・・・

今年のリシケシでフリーマーケットで安く買ったという温かくて質の良さそうな服を着たみっちゃんが「天然生活」とかいう雑誌に出てくるシンプルだけど素敵な大人の女性に見えていいなぁと思った。山暮らしで一緒にいるのはほぼ犬と猫、すれ違うのはヤギや羊の群れ(たまにハイカーやご近所さん)、という生活なので衣料品の消費を見直す良いタイミングかもしれない。フリマでモスグリーンの地味なウールのカーディガンを1枚買っただけですごくすごく満たされた。少し毛玉になっているけれど着心地も良くて温かい。手入れして大切に着よう。

購入した苗や植物達

部屋に飾るお花は庭や山で摘んできたものばかり

3€で買ったおばあちゃん風カーディガン、茶色に見えるけどモスグリーン
木登り源ちゃん、反対側にはサブちゃんも:)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

ここにアップしていない写真はInstagramから見られます

You may also like