犬や猫のいる幸せな生活

年明けからずっと晴天が続いて、天気予報もずっと晴れマークが並んでいて嬉しい限りです。

うんと若い頃は部屋には物が少なくて(これは今も)、常に片付いている状態に異様に執着していて、散らかされたりすることが割と嫌だったんだけれど、犬猫と暮らしたり他人と暮らしたりすことでそういう変なこだわりはすっかりなくなった。なんせ開けっ放しにしている玄関やテラスのドアから庭と家を行き来する計4匹の動物達がいるし、クマピーは毛が抜けない代わりに枯れ葉やイガイガした植物の種(?)をしょっちゅう足や耳の毛につけ、それが家の床に落ちていたり、細かいことは気にせずただ掃除をする。もう何年も年末の「大掃除」はしていませんが、掃除は好きなので毎日掃除機をかけ、たまにモップで拭き掃除をし、灰や木屑で汚れやすい暖炉周りは雑巾をかけるという風に日頃からちょこまかと掃除をしているので比較的きれいに保てていると思う。

少し前まで犬達を美容室にシャンプーやカットに出していたのだけれど、クマピーはシャンプーした後、数日間毛がパサついていたりフケっぽくなるし、ボンちゃんは美容室が近づくと手近な角を曲がったり踏ん張って動かなくなったりするので気の毒になりそういった手入れを止めてみました。私自身もしばらく前にソープフリーにしてから肌も髪も調子がいいので、クマピーを大きめのタライに入れ、自分用のシカカイとアムラのミックスパウダーで数ヶ月に一度入浴させると気持ちよさそうにしている。ボンちゃんは一切洗わず毛が増えてきた時だけストリッピングナイフでボリュームダウンするようにした。果たしてクマピーとボンちゃんは毛質も良くなり元々匂いはしなかったけれど一切臭わなくなった。アニマルライツをベースにした犬育てを提唱しているPONOPONOでも「犬が臭うのはストレス臭」であり、彼らの毛皮はとても良くできているので科学的に作られたシャンプーなど必要ないといっているけどその通りだと思う。うちは犬2匹猫2匹いるけれど動物臭は一切しなくて、遊びにくる友人も不思議がる。猫達のトイレ砂はBio Kat’sというイタリアの会社のものを使っているんだけど、信じられないくらい匂いがしない。

犬と暮らすには朝と夕、1時間弱ののんびりとした散歩をすることやなるべく留守番をさせないことが基本なので「フルタイムで働いて一人暮らし」とかだと大変だろうと思う。日本はケージに長時間入れたり、室内でトイレをさせるのが常識(あれって生理用ナプキンとかと同じ仕組みでトイレシーツを売る為ですよね?と思えてなりません)になっているけど、そういったストレスが無駄吠えや物を壊したりする「問題行動」につながるのだと思う。

犬はとても社交的な動物なので飼い主の側で寝そべり、1日に何度かゆっくりとにおいを嗅ぎながら散歩するだけで安心するし満足なのだ。私がボンちゃんを引き取った施設は1日2回のメイン散歩と、5分程度のトイレ散歩を1、2回、一人ぼっちで留守番する時間が最長で4時間を超えない、室内で飼うということが引き取る条件だったけれど、そういった条件が満たせない場合犬との暮らしは見送った方がいいのだと思う。私は数年前から漠然と自然の豊かな場所で生活したいと思っていたけれど、クマピーやボンちゃんが私の人生に登場したことで「犬達と山道を散歩したり、庭で犬達と寛ぎたい」という願望が引越しするきっかけになった。私の人生に今いる動物達がやってきてくれて、一緒に過ごせることができて本当に幸せに思う。

ネルハ、フリヒリアナは他のヨーロッパ諸国からバカンスにくる人たちが多いところで、バカンスシーズンの始まりや終わりは捨てられて悲しそうにトボトボ歩く犬を本当によく見かける。

寒い夜の映画観賞には暖炉の火と湯たんぽと動物達が欠かせません

源ちゃんとサブちゃん

すくすく成長しています

いつもの定位置で眠るボンちゃん
天気のいい日が続いて嬉しいです

クリックして応援してくださる人が増えて順位が急に上昇しました。アクセス数は今までと変わりませんが書くモチベーションになっています。応援してくださったあなた!ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!