スペインの祝日と犬おばさんの週末

今日(1/6)はスペインで最も大切な祝日の一つ、Tres Reyes Magos。

スペインは12/25のクリスマスではなく東方三賢者がやってきたとされる6日にプレゼントを贈り合う。5日の夜には大きなパレードもあって子供達にとって1番楽しみなイベントでしょう。こういう小さい頃に楽しい思い出が作れるイベントというには大切ですね。私も子供のころ元旦になると普段は寝ている深夜に神社に初詣に行ったことや、クリスマスにお友達の家での今思うと微妙な(昭和ですからね)、でも何だかワクワクするパーティーをしたことを今でも覚えているし、そういう幸せな子供時代の記憶が何度も人生の厳しい時期を助けてくれました。スペインに移住した頃は元夫の甥と姪もまだまだ小さくて(5歳と3歳だった)嬉しそうにプレゼントの包み紙を開ける笑顔が本当に可愛かった。彼らももうすっかり大きくなって若い子が使う流行り言葉(どの国でも一緒ですね)をがんがん使っていて時の流れを感じます。

ということでスペインは三連休中ですが、週に何度かヨガを教えている非カトリックの私にはあまり関係なく普段通りの山の週末。今朝の散歩は10分くらい歩いたところでクマピーが立ち止まり、踏ん張って歩かなくなった。色んな散歩道を提案したけれどクマピーは頑固なので言い出したら聞かない。仕方ないので家に戻る道を引き返すと張り切って歩いていた・・。はるか遠くにいたボンちゃんを呼ぶと「もう帰るの!?」という顔でつまらなそうについてきていた。クマピーを門の中に入れ、ボンちゃんだけ連れて散歩に出る。ボンちゃんはとにかく散歩が好きなので朝は40分くらい外に居たいよう。運動の為にたくさん歩くとか走るとかではなく、草や土の匂いをチェックしてそこをどんな犬がいつ通ったとかそういう情報を仕入れながらのんびりとゆーっくりと歩くのが好きで、そういう散歩をすると1日中ご機嫌でずっと寝ている。

クマピーは歩きたい時にはたくさん歩くけれど、気分が乗らないときは散歩に出ようとしないし、出たとしても5分で戻りたがる。クマピーは日中(特に午前中は)庭で過ごすのが好きで、大抵は庭の小さな檸檬の木の下の日陰で昼寝をしている。ボンちゃんは散歩は好きだけど家にいる時は庭よりも室内にいるのを好み、大抵は私の横にいるけれど1番のお気に入りは2Fの寝室の自分のベッドで、猫達が追いかけっこを始めてリビングが騒がしくなると静かに2Fへと引き上げる。

金曜日、ディヴィッドに洗濯紐を張るためのフックをテラスの壁に取り付けてもらった。これでようやくシーツやブランケットが干せるし、洗濯物がないときは日除けの布を掛けられる。テラスは南向きで地中海も見えて最高なのだけれど、日当たりが良すぎるので、日除けが欲しいとずっと思っていたのです。果たして洗濯物もすぐ乾き日差しもいい感じに避けられるので、昨日から日光浴する犬猫達や庭を眺めながらテラスで書き物をしたりコーヒー休憩をするのが楽しくなった。

源ちゃんのお気に入りは椅子の上

足元にはボンちゃん

今日もいい天気
マミー、庭に行くね
サブちゃんとボンちゃん

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村

いつもクリックで応援してくださっているそこのあなた!あなたが大好きです♡

最新情報をチェックしよう!