初夏の断食2日目

初夏の断食2日目

なにせ断食が1年ぶりということもあって、今回の断食初日は結構きつく好転反応が出ていた。特にカフェインが影響していると思われる好転反応がきつかった。

2日目の朝、かなり目覚めが悪くて永遠に起き上がれないかと思った。この異様な眠気に驚愕しつつ、でも最近のカフェインの量を思うと仕方がないと反省した。ボンちゃんとクマピーが “散歩いく準備は万端です” という様子でベッドにいる私をぐいぐい見つめてくるのでようやく起き上がり散歩にでる。散歩をしていると少しずつ目が覚めるもののまったくてきぱきと歩けなかった。

帰宅して、勉強が終わった後、仕事に取り掛かろうとしたのだけれどまったく頭が回らず文章が出てこないので、以前に仕上げた記事の校正や加筆に作業を切り替える。

この一ヶ月ほどパソコンでの仕事が増えたせいで、肩が凝るようになっていたのだけれど、いつも仕事後の練習で肩や肩甲骨を思い切りひらいて、なるべく凝りを溜めないようにはしていた。それでも、断食の好転反応だと思われる強い肩と首のだるさに参り、40分ほど集中して肩首を伸ばす。でもこれは断食によって普段の生活習慣が身体的な特徴として出ているもので、今日をピークに明日には信じられないくらい軽くなることを経験で知っている。

2日目の夕方くらいまでは食欲がまだ残っているので「んーなにか食べたいな」と何度かキッチンに行き、その度に「あぁ断食中だった」ということを思い出す。断食中はアーユルヴェーダでいうところのドーシャがカファ(カパ)寄りになり、かなりゆったりのんびりムードになる。

普段、断食の2日目は割と普段通り仕事もできるし、なんていうことはないのだけれど今回はとにかく眠くてぼーっとしてしまう。断食中は全身が緩んで、疲れが外に出ていくと言われているのでそのプロセスだと思う。このところ不定期でマハリシ農園を手伝って体力を使っていたし、書き物にも頭を使うのでそれなりに疲れていたのかもしれない。

以前は自分で酵素ジュースを仕込んで酵素ジュース断食をしていたのだけれど、酵素ジュースで断食をすると断食5日目か6日目になぜか脱水症状のようになってしまって(2度なったことがあって1度は「やばい・・でも動けないどうしよう」という状態に)もう怖くてできない。断食中は気をつけて1日1.5ℓの水を飲むようにしていたので、脱水症になる理由がよくわからないのだけれど、フレッシュジュースで断食するとこういう症状は一切起きない。

オンライン寺子屋ヨガ

小さかった頃を思い出してください。小さい頃の私たちを捉えていた恐怖や悩みを今も変わらず持ち続けているでしょうか?ほとんど…

私が運営するヨガ特化ブログ「オンライン寺子屋ヨガ」新しい記事をアップしています。ぜひご覧になってください

 

半断食の習慣

そもそも定期的に本断食をするようになったきっかけは甲田光雄先生の「奇跡が起きる半日断食」を読んでから。この本を読み、今でもほぼ毎日半断食(夜ご飯の後、翌日の食事まで18時間空ける)を続けている。今はヨーロッパにいてこの本で推奨されている食材は守れていないけれど、この本を買った10年前は食事内容もなるべく守り3ヶ月で10kg痩せた。2008年から2009年の頃の私をご存知の方は解ると思うけれど、当時の私はピーク時で今よりも17kg多かった(!)。

人生を通して私の体型はほぼ今のような体つきで、その当時はストレスによって食生活が乱れていたりして人生で初めて「太った」時期だった。甲田光雄先生の半断食を始めたのは1年間のインド滞在の初期で、インドにいると精神的に安定する私はすっかりリラックスして食欲も通常に戻り、ものすごい速さで痩せていった。

周りを見ていても思うけれど31歳から33歳の間はそれまでの代謝量がぐんと落ちる時期なのでこの時期をうまく調整すれば後10年は乗り切れると思う。逆にこの時期に代謝をあげることをしたり食生活を見直していかないともう後は雪だるま式に…40代に入るともっと代謝が落ちることを身をもって経験中なのだけれど30代をどう生きるか、どんな生活をするかが40代に(うんと)影響する、そう思う

今はダイエットをしていないし体重も一切測っていない。断食の目的はデトックスして体調を整えることだけれど、もちろん腰回りの余分な肉は取れてすっきり動きやすくなる。

スーパーフードやサプリメントなど体に摂り入れるものに意識が向かいがちですが、大切なのは毒を溜めないためにどう出すが大切ではないかと思う。

 


ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング
クリックして応援してくださったそこのあなた!あなたが大好きです!いつもありがとうございます。