初夏の断食3日目と4日目

予想通り断食の2日目までは体に力が入らないし、眠いし、食欲はまだ残ってるし、好転反応(これは人によるけれど)で後頭部にずっと鈍痛があるしでそれなりに大変だった。特に今回は1年ぶりの断食だったので余計にそういう反応が強く出たのだと思う。

メンタルアーマ

3日以上の本断食をすると精神的な未消化の感情である「メンタルアーマ」が浄化されることがあるらしい。私はこれまでの断食でこういうデトックスは感じたことがなかったけれど、今回はすこし気分の落ち込みやネガティブな感情が2日目に出ていた。

身体が解毒されていく過程で、過去の解放されなかった感情などがマインドに顕れ、その当時の怒りであったり不快な感情などをもう一度体験することがあるそう。そういったネガティブな過去の感情に向き合い手放すことがメンタルの浄化になる。

普段そういった感情を特に感じていないし普通に暮らしているけれど、去年は私にとって環境面、精神面で大きな変化があり、確かに去年の9月に日本に帰国した時期は少し精神的に疲れていたように思う。その時は色々自分に言い訳をして(時差ボケだとか)ごまかしていたけれど、やっぱり長年連れ添ったパートナーに別れを切り出し、相手の悲しんでいる様子を見たこと、予想していなかったこと(新しい恋人ができるとか)が起きたり猫が2匹やってきたり短期間に2回引越しをしたりと、起きたことに感情が追いついていなかったのだと思う。

断食中はカフェインレスのチコリコーヒー

 

オンライン寺子屋ヨガ

目次 1 生まれ変わりとカルマについて2 仏教の輪廻にたいする捉え方3 一般的なインドのカルマに対する捉え方4 行いの結…

私が運営するヨガ特化ブログ「オンライン寺子屋ヨガ」記事を更新しています:)

 

断食3日目は

断食3日目の朝は前の晩にしっかりと8時間眠ったおかげで気持ちよく目覚め、老後の計画を立てられるくらい前向きですっかり立ち直っていた。体も軽く2日続いたおもーい眠気も肩や首のだるさもすっかり無くなり断食3日目、という感じ。

お昼過ぎまで集中して仕事をしたあと、掃除をして練習をする。断食のおかげで内臓が軽く柔軟性もありとても気持ちよく集中して練習することができた。14時過ぎにジュースを作り(オーガニックのふじりんご×2,人参×1,ジンジャー×1欠)、夕方は瞑想し本を読んでゆっくりと過ごす。

断食もこの段階(だいたい3日目)に入ると、いつも瞑想をしているような落ち着いた感じで本当に気分が良い。昨日までの感情の落ち込みもその気持ちとしっかり向き合うことで手放せたように思う。今回の断食は3日くらいで終了しようと思っていたけれど、翌日起きた時、まったく空腹を感じていなかったのでもう1日断食をすることにした。これを書いているのは断食4日目の夕方なのだけれど、特に空腹も感じることなく静かなマインドでゆったりと過ごしている。体は全体的にむくみや余計な脂肪が落ちてすっきりしている。

さて明日からは回復食。断食のもっとも難しいパート、回復食もレポートしようと思う。


ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング

クリックして応援してくださったそこのあなた!あなたが大好きです!

最新情報をチェックしよう!