インドTTC終了?Padmini、Emma不仲説?

本当にありがたいことにFLOWARTS yogaはスタジオで練習する生徒さんも増え、来てくれる生徒さんがしっかりと練習を継続できるよう、先生としての責任も重大になってきたことから、毎年2週間近くPadmini先生とMukesh先生が同時に渡印することが難しくなって来た。

インドTTC終了?Padmini、Emma不仲説?

そういうこともあって、東京のMukesh先生、Padmini先生、イタリアのMukesh先生、スペインの私が4人揃ってコースを開催するのは今年最後になりそうだということを、今回の帰国ワークショップでアナウンスさせていただいた。

思いの他反響が大きくて、私のワークショップに参加してくださった生徒さんから(しかも割と思いがけない人達から)、問い合わせを頂いたり、「いつか絶対行きたいと思っていたのに・・」というような声を頂いた。

中には半分冗談で「Padmini先生とEmma先生が決裂したのかと思いました」という不仲説(?)まで出たり。もちろんそういうことは全くなくて、このコースもそろそろ10年という区切りにはいるタイミングでもあり、この10年間で私はインドからスペインに移住し、ダブちゃん(伊ムケーシュ)はイタリアで人気先生になり、Padmini先生はFLOWARTSを新たに作り、Mukesh先生はそのスタジオの欠かせない大きな存在となった。物事も状況も常に変わり続けるもので永遠などなく、不滅なのは私たちの魂(アートマ)だけ。

香水を替えた

話は突然変わるけれどこの一年ほど「香水を替えたい」と思っていた。これまで使っていた香水は、割と重めで女性らしいオリエンタルな香り(フランキンセンス、アンバー、パチュリ、ローズ)で、私自身のにおいや体温に合っていたのか評判もよくスペインやインドにいるときはよく香水の名前を聞かれた(日本ではあまり好まれなかったかも)。

この香水は私の好きなフランス女優アンナ・ムグラリスが広告塔をしていてリリースされた時からずっと使っていて、愛着もあったのだけれど、去年くらいからなんとなく香りが似合わなくなってきた様に感じていた。

今回帰国した際に青山のDiptyqueに寄って、かなり真剣に自分の新しい香りを探した。Diptyqueで香水を選んだことがある人はわかると思うけれど、3種類くらい試すと一体どの香りが自分に合っているとか、そもそもどの香りが好きなのかが解らなくなるのだけれど、優しい店員さんがコーヒー豆で嗅覚をニュートラルにさせてくれる。

結局、ぴんと来る香りを3種類選び左右の手首に載せ、自分の体温と混ざって香りがどう変化するかみることに。青山のDiptyqueに寄ったのがスペインに帰国する直前で、もう一度青山に来られることはないので付き合ってくれた店員さんには申し訳ないのだけれど、普段から使っているキャンドルだけ買い、香水は帰国便の乗り換えのシャルル・ド・ゴール空港にDiptyqueが入っていたのでそちらで買うことに。

私となっちゃんは香りもお揃い♡

結局「あぁこれだな」と最初に思った香りがぴったりきて、ロンブルダンローをパリで購入した。買った後、そういえばなっちゃん(Padmini先生)も3年くらい前にずっと使っていた香水からDiptyqueに替えていたけど、Diptyqueのなんだったっけと思いメールしてみたら「私もロンブルだよ!いい香りだよね」と返信が来た。かぶっちまったな・・悪いことしたなとほんの少し思ったのだけれどそのメールには「同じ香りで過ごせてるなんて、ますます身近に感じて嬉しい」となっちゃんらしい事が書いてあった。

なっちゃんと私は同じ香水を使うくらい今もラブラブ。

2006年にオープンした昔のFLOWARTSを好きでいてくれた古い生徒さんも、ぜひ今の新しいスタジオに顔を出して欲しいと思う。時代は変わりそこで練習する生徒さんも変わったけれど、Padmini先生はちゃんとそこにいて、FLOWARTSのエッセンスとスピリットは今も健在。みんなのヨガの練習が素晴らしいものでありますように。

 

最新情報をチェックしよう!