ミニマリストを目指して

コンパクトなアパートメント

朝の練習の前に掃除をする。今の家はコンパクトで、キッチンとつながったリビングルームと寝室の他、デヴィッドの仕事部屋があるだけ。日本風に言えば、2LDKというのが一番近いけれど、ダイニングスペースはキッチンのカウンターだしリビングスペースも狭い。寝室はベッドの他に私のデスクも置けて比較的広いけれど、クローゼットはシューズボックス並。

この部屋を内見した時「で、下の階に行く階段はどこ?」と本気で探したくらい。できる男を気取ったすごく適当な不動産屋は65平米だというけれど絶対に嘘。藤沢にある私のアパートメントは80平米くらいあり、今の家はそこの半分とまでは言わないけれど65平米はいくらなんでも、という感じ。この適当なラテン男は、大家さんのパトリシアに私を売り込む時「日本にいくつも不動産を持っていてる有名なヨガの先生だ」と話を盛りまくっていた。

この家に決めたのは静かなエリアでテラスからの景色がいいことと、広くはないけれど日当たりが良く使い勝手の良さそうな間取りだったこと。

クマピーは毛が抜けないのでクマピーだけの頃は掃除も本当に楽だった。今は少し毛が抜けるボンちゃんと、猫が2匹いるのでそれなりに掃除は大変だ。毎日掃除機をかけ、2日に一度くらいのペースで床の拭き掃除をする。床掃除にも、バスルームにもキッチンにも手作り(というほどのものでもないけど)のマルチスプレー(ウォッカ✖️ペパーミント&ティートゥリーのエッセンシャルオイル)を使っている。ウォッカは掃除に便利でとてもおすすめ。私はお酒を飲まないけれどウォッカだけは掃除用にいつもキッチンのシンクの下に常備している。

ミニマリストを目指して

コンパクトな部屋で暮らすようになったことで、家具にも意識が向き「これは本当に必要だろうか」と考えるようになった。少し前に書いたけれど、今年中に本と本棚、テレビを処分することを決めたことで、今後どのような暮らし方をしていくかについて考えている。

1, 物と消費を減らす
2, Zero Waste&プラスチックフリーを意識する
3, できる限りサスティナブルな選択をする

アイデアの方向性は完全にミニマリストを目指しているように思う。今も大量生産のものは避け、なるべくサスティナブルに暮らしているけれどミニマリストとはいえない。

これからの展開

秋くらいを目安に、ヨガやスピリチュアルについての話の他、これまでの生活からミニマリストにトランジションしていく過程をビデオにしてYouTubeで発信していくことについてデヴィッドと毎日ミーティングをしている。ヨギでもヴェジタリアンでもミニマリストでもないパートナーと暮らしながら、どのようにバランスして自分が求める暮らしをするかということを伝えていきたい。

 

今日は異様に暑くて、私は平気だったけれど動物たちが暑そうだったので今年初めてエアコンディショナーをつけた。ものすごく快適そうにくっついて寝てる姿に癒されまくり。

写真はボンちゃんとサブちゃん。写真には撮ってないけどゲンゲンとクマピーもスプーンのように並んで寝ていて可愛い

暮らし、あれこれ

子供の頃から図書館が好きだった。私の地元には庭に蘇鉄などの南国風の植物がある図書館があり、夏休みには自転車で出かけ、冷房…

関連記事


ヨーロッパ(海外生活・情報)ランキング
クリックして応援してくれたそこのあなた!あなたが大好きです!いつもありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!