心と環境の新陳代謝【YouTube動画のまとめ】

今年のインド滞在

10月の2週目からインドに滞在していた。予約していたチケットは10/31の帰国便だったのだけれど、私の古いMacBookのチャージャーが壊れて充電できなくなったり、ナレーションを録音するマイク(RODE)が、一時的に接触が悪くなったり、インターネットのスピードが十分でなかったり、なにかと仕事に集中できなかったので予定より1週間早くスペインに戻った。

インドでのコースが修了した朝、日本から来てくださったみなさんを見送ったあとパッキングを済ませ月末まで滞在するBhandari Guest Houseに移った。何年も長期滞在しているこの宿は、テラスの向こうがぱーんと開けてとても気持ちが良かったのだけれど、目の前に大きな建物が立ち、近所でも建設中の建物があったり工事の音などであまり落ち着けない雰囲気になっていた。

日常的にヨガクラスを教えなくなってしばらく経つので、今回のインドコースでのアサナクラスも初日は日本語というかインストラクションが微妙だったと思うけれど、2日目からは普段の調子を取り戻せたと思う。私が今取り組んでいる仕事はYouTubeやブログといったソーシャルメディアにコンテンツをアップすること。日本にいなくて、日本の生徒さんになにか伝える方法はないかとブログを始め、そこからもう少し広い層にもアプローチできる(できそうな?)YouTubeへとプラットフォームは少しずつ変化しているけれど、学んだことを伝える場所があること、見てくださる人がいることに感謝の気持ちがいっぱい。

6月に「オンライン寺子屋ヨガ」を始めだいたい100記事を書いたところでインドコースの準備などが始まり、しばらく更新ができていない。色々と考え今後は動画作りにより力を入れていこうと思う。もちろんオンライン寺子屋ヨガも不定期にアップするけれど、若干私のノートをまとめただけ、みないになってきていているし少しアイデアが降ってくるのを待とうと思う。

さて、インド滞在中2本の動画を作ろうと思っていたのだけど、先ほど書いた理由で仕事ができなかったので、このまま動画作成もできず1週間滞在するのってどうなんだろう・・と思い復路のチケットが変更できないか調べたりする。結局変更はできないということで1度諦めたんだけれど、やっぱり今あるアイデアをすぐにまとめたいと思い新しくエアチケットを予約し、直ちにパッキングを済ませ、会いたい人に挨拶し、なっちゃんと最後のお茶をし数時間後にはデリー空港に向かうタクシーの中にいた。あまりのスピードに少しぽかんとする。

若い頃なら生産的なことをなにもせず、ただリシケシの街をのんびり歩いたり、他の旅行者とのコミュニケーションを楽しんだりしていたのだろうけれど「私もリシケシも10年前とは違う」のだということをつくづく実感した。そしてデヴィッドや動物たちを置いてひとりぼっちで過ごすことがこんなに寂しいなんて元夫と一緒にいた頃は1人のインドも大満足だったのに!

昔ほど1人旅を楽しめなくなったのは少し寂しくもあるけれど、リシケシに関してはもう知りすぎていてもはや旅とはいえない。まだ知らないインドの都市やインド以外の国への旅をはじめるのが楽しみだ。

さて、毎年同じ町を訪れていると、数年前に建設された真新しいホテルがあまり手入れをされずあっという間にボロボロになる一方、以前は古く打ち捨てられていたような建物や土地がリニューアルされて息を吹き返したりする様子をよく目にする。

これは人間でいうところの新陳代謝のようなもので、土地や建物に限らず、人間関係にも言えると思います。例えば10年前は毎日のように一緒にすごしていた人との関係、あるいはあなたを苦しめていた人との関係が今もまったく変わらず続いているということはほとんどないだろう。もし、そういう何も変わらない関係があって、そこに自分のエネルギーが吸い取られているなら、そこには何か問題や原因があるので、淀みをなくすために動きを加えたほうがいい。

人間関係も環境も新陳代謝していく

前回のYouTube動画でも取り上げたのだけれど、私たちに起きている全てには、常に学びがあり、受け取り方次第でそれは学びにもただの厄介ごとにもなる。人との関わりによって起きる物事を良い、悪いというふうに2種類に分けることは非常に難しいけれど、どのような関係性であっても、そこから学ぶべき課題を学び終わると自然とそういった人は離れていくようにできている。

同じように今あなたが、抱えている問題であったり苦しんでいることというのも、目の前で起きているストーリーの中に深く入り込んでしまうとどうしても大変になってしまうけれど、そういった全てはつねに変化し続けていて、そこから学ぶべきことが終われば自然と無くなり、時間が経てば忘れてしまうので心配はいらない。いつまでも覚えていて、そこに恨みや怒り、悲しみが残り続けている場合は、そういった感情を解放するワークをどんどん行えばいい。私たちは自分の力で心をしっかりと治癒する力がある。

たとて大変でも、与えられた状況のなかから自分を成長させる為の経験や学びを抽出していくことで、より良い自分へとバージョンアップしていくことができると考えてみる。そして、私たちの目の前にやってくる世界というのは、自分がつくりだしていることを理解する、つまりすべては自分の思考や発言や行動というカルマ次第、ということがわかれば少し心が軽くなるかもしれない。なぜならどのような感情も「自分」が作っているのだから。

私たちの魂は、高次元のすべてが思うままに実現する世界から、わざわざ重力の影響を受ける肉体に入り、喜びや苦しみなど、様々な経験うあ感動をするため地球(物質的な世界)へやってきている。だから今感じている大変さも、喜びも、どちらに対しても二極の対立感情に巻き込まれたり、良いか悪いかという判断を下したりせず「旅先の思わぬアクシデント」というような気持ちで鷹揚に構え、今(今=旅先)しか経験できないことをたっぷりと味わうという風に心を切り替えてみるといいかもしれない。

 

最新情報をチェックしよう!