猫日記「私たちは3匹目を迎えるのか?」

私は犬も猫も牛も、動物全般が好きだ。朝目が覚めると薄暗い外で盛大に鳴いている鳥の声にも癒される。動物が世界からいなくなったら地球はきっと味気なくつまらない殺伐とした場所になってしまうだろう、そう思う。

今朝はいつもはこの時間、外の広い庭(個人のではなくコミュニティの)の秘密の隠れ家みたいなところで過ごしているゲンゲンが、ずっと私の仕事机でグルーミングをしたり、タイピングしている私の腕に肉球をぎゅうと押し付けたりしている。庭を見ると盛大にスプリンクラーが回っていた。庭師が忙しくしていたり水が撒かれている朝はゲンちゃんは部屋の中で過ごす。

ゲンゲン(左)とサブちゃん(右)

ゲンゲンはほとんどの時間を外で過ごしていて、家に帰ってくるのはお腹が空いたり喉が渇いた時、そして夕方にちょっと仮眠する時だけ。今の家に引っ越してからは、ことさら外時間が増えた。この辺りはモジュール別けされた2階建ての建物を囲む広い庭がいくつもあって車は入れない。うちのリビングの南側には道路があるけれど細い一方通行の道で、この通りに住んでいる人が使うだけで交通量も少ない。

お外大好きでワイルドなゲンちゃんとは打って変わってインドア派の丸顔サブちゃん。彼は早朝や深夜に外に出ていくことはあるけれど怖がりなので基本的に室内で過ごしている。特に風通しのいい寝室のサンルームに置いてあるケージの中で寝ていて、リビングで仕事をしている私は、夕方くらいまで猫たちを見かけることはあまりない。クマピーは寝室の私たちのベッドか、デヴィッドの部屋にある犬猫用のベッドで寝ているので私の近くにいるのはボンちゃんだけ。ボンちゃんはなにがあってもつねに私のそばにいたいようだ。

さて去年の7月、前の家に住んでいた時に猫たちの出入り口だったデヴィッドの部屋の小さな窓に白黒の子猫がやってきたことがあった。近隣の猫たちがご飯を食べにくることがあったので、少し餌を置いていたのだけれど、この子は物怖じすることもなく気がついたらリビングを歩いていた。まるで生まれた時からそうしていますというような尋常ではない自然さで部屋の中に入ってきてソファにいる私の横に「はぁ、やれやれ」という感じで横になったので、心底びっくりした。

暮らし、あれこれ

早いもので、スペインに戻ってちょうど1週間になる。帰国したのが先週の木曜の23時とかで、自宅に戻ったあとはかなり疲れてい…

さらに驚くのは、サブちゃんとゲンちゃんの手前一度窓の外に出したのだけれど、朝目が覚めたら当たり前のように私の横でぐーぐー寝ていた。人懐っこくて本当に可愛かったけど、その家はとても狭く私もデヴィッドもいろんな意味で余裕のない時期だったので相談した結果ロシオ先生のところに連れて行き、保護団体の預けて里親を見つけてもらった。今はスイスで幸せに暮らしている。

その後、何日も(今でも)朝起きたら私の隣で平和な顔で寝ていた子猫(女の子だった)のことが忘れられなくて、なんで引き取らなかったんだろうと後悔をしていた。すべては必然なので私の役割は彼女をまだ見ぬスイスの里親さんに引き合わせることだったのだと思う。そういう縁だったのだ。

そのことがあってから、たまに支援をしている猫の保護団体の代表ロリさんから先日1枚の写真が届いた。ロシオ先生を通じて私が女の子の子猫を欲しがっていると聞いたといって。私たちを通じてロリさんの団体に引き取られスイスに行った白黒の子猫に顔やキャラクターが似ているといって送られてきたのだ。

写真を見て私もデヴィッドも一瞬でメロメロに。確かに顔立ちや雰囲気があの子猫に似ている!今週の土曜日に会いにいくことになっているけれど、私はすでにこの三毛猫の女の子に縁や繋がりを感じている。もちろんサブちゃんやゲンゲンのストレスを最小限にしたいので、最善を尽くして馴らしていこうと思うけれど。猫に詳しい方や多頭飼いされている方がいたら、新しい子猫を迎えるにあたってアドバイスがあったら教えてください(コンタクトページかSNSのDMなどで)。ちなみに今いる猫たちはどちらも男の子。

サブちゃんは世界中でデヴィッドだけが大好きで、彼にしか抱っこをさせない。ゲンちゃんはどちらかといえば私寄りな気もするけれど、独立心が強く1匹で過ごすことを好む。サブちゃんは週末の朝などに遅くまで寝ているデヴィッドの枕元で添い寝をしているけれど、ゲンちゃんは滅多に私たちのベッドでは寝ない。だからたまに深夜目を覚まして足元にゲンちゃんがちょこんと寝ていると可愛くて幸せで気絶しそうになってしまう。

だからなのか、さりげなく近くにいたりぴたっと寄り添ってくれる猫に憧れている。でももしこの三毛猫を引き取ったとしても三毛猫ってあまり甘えたりしないイメージがあるので「ドライな猫3匹」とかになりそうな気もすごくする。

いずれにしても土曜日になってみないとわからない。

最新情報をチェックしよう!