これからの生きるテーマと発信について

Spotify最高

これまで音楽のサブスクリプションにはApple Musicを使っていたのだけれど、数ヶ月前にSpotifyに変更したらいろんなことがすごく快適になった。

Spotifyはプレイリストが豊富で、ヨガの練習にもデスクワークにも午後にのんびりと読書をする時にも最適なプレイリストがたくさん用意されている。プレイリストはAppleにももちろんあるけれどSpotifyの方が圧倒的に数が多くセンスもよく、ポッドキャストもAppleよりうんと検索しやすい。フォローしているアーティストの新しいアルバムが出ていたらすぐにオススメに出てくるのでわかりやすい。

ヨガの練習にはDeva Premalのプレイリスト「This is Deva Premal」や、仕事中はチェットベイカー、夜寝るときは睡眠用のプレイリストを流している。この「Sleep」という270曲14時間にもおよぶプレイリストをシャッフルにして小さめのボリュームで流しているのだけれど、これがかなり最高ですぐに眠たくなる。雨の日をイメージしたRainy dayというプレイリストもリラックスできてとてもいい。

 

住む国と地域、暮らしのベース

2023年を目標に日本に本帰国することはほぼほぼ確定。これは完全にインスピレーションとして急に降りてきたアイデアだったけれど、日本で暮らすことを考えれば考えるほどワクワクしている。デヴィッドが家族と離れて言葉のできない日本に移住することや犬猫5匹を連れての大移動のことを考えると気は重いけれど・・

コロナ以降、世界中の人がそうであるように私もこれからの生き方、働き方、優先順位について深く考え自分の心に向き合あっていたら「日本に帰りたい」という気持ちになった。正直言って去年まで再び日本で生活するなんてまったく考えていなかったのに、今は帰国して住みたい地域、環境、家のイメージや暮らし方まで具体的に決まっていて本当にびっくりしてしまう。長野県に住むことになると思う。蓼科の白樺に囲まれた森の中に暮らすイメージがかなりクリアに何度も何度も脳裏に現れるからこれは何かがあるんだろう。

これからの風の時代(来年以降250年くらい続く)の働き方は、インターネット、情報発信というキーワードがますます強くなっていく。帰国までの数年のテーマは自分自身に発信力をつけていくこと、ヨガ哲学と西洋占星術をより深く学んでいくこと、物質的にも感情的にも必要ではないものをどんどん手放し何事にも対応できる軽く柔軟なマインドでいることだと思う。

この数年の暮らし方というか生活のパターンがそのまま帰国以降も変わることなく継続していけるように、今していることの骨組みを安定させしっかりと肉付けしていきたい。YouTubeでの発信や、オンラインサロンの運営、オンラインヨガクラスをこれからもずっと続けていけるように。

それ以外にもYouTubeで取り上げたテーマを、もう少しカジュアルに話すラジオ番組をstand.fmで始めようと準備している。これは私が使っているiPhoneとコンデンサーマイクをつなげるケーブルが届いたらすぐ始めようと思っている。スタートしたら詳細をYouTube動画の方で案内します。stand.fmはレターという機能を使って質問してもらったりできるので、そういった質問に答える形で番組を作っていきたい。

YouTube、ラジオ、ブログ、オンラインサロン(ヨガクラス)といったプラットフォームを通じて考えていること、勉強していること、人生の学びを自分の声でどんどん発信していくことが私のこれからやっていきたいことだと思う。

これがYouTubeを1年間続けたことで見えてきた自分の内側の願望、純粋な欲求。実際発信を始めてみると「チャンネル登録も視聴回数もなかなか伸びない」「1ヶ月で何万人もチャンネル登録者が増える人と比較する気持ち」とかいろいろ葛藤はあるんだけれど、こういう感情を通して多くを学んでいる。

 

 

最新情報をチェックしよう!